仕事のオンオフが出来ないとEDになりやすい【交感神経の休養が大切】

仕事のオンオフをあなたはしっかりとできていますか?

歩く男性

実は私がこれができていない人間でした。具体的に言うと、職場だけでは業務を完了させることができずに、仕事を家まで持ち帰ることずっと続けていたんですね。


ですが、そのような仕事にやり方というのは精神的によろしくありません。私の場合、携帯番号を上司が把握されていた為に、帰宅をしても何かあるたびに仕事の要件の電話がかっていたのですが、それがストレスで仕方ありませんでした・・・。


ただ、上司が電話がそれだけかかってくるのは、私自身が上司に対してきちんと業務の現状を報告できていないことや、情報を共有化できていないことの証拠でしたので、その点を改めたところ私用の携帯電話に電話をされる回数は激減したんですね。


上司も暇じゃありませんから、必要のないことに対しては電話はしません。


では話を戻しまして、なぜ仕事のオンオフができない人がEDになりやすいのかについてですが、これにはきちんとした理由がありますので、続いてその点についてお伝えさせて頂きます。


仕事のオンオフができないと交感神経が活性化

歩くサラリーマン
仕事をしているときにはミスをしてはいけない、良いアイディアを出さなくてはいけない、流暢に話さなくてはいけないといった精神状態になることが多いはずです。


そして、その状態にいるときには私たちの精神は常に緊張している状態になります。


この緊張状態というのは、勃起のためにはよくないんですね。その理由は、緊張している際には、私たちの交感神経はさかんに働くことになり、交感神経が活発状態なときに、勃起をする過程で重要であるペニス周辺の平滑筋を弛緩させることが難しくなからです。


そして、仕事のオンオフができない人というのは、常に交感神経が活性化している状態ですので、慢性的に勃起がしにくい状態にあります。そのような状態でしたら、いつ中折れが起きても仕方ありません。


ですので、もしあなたが一日中仕事だけ生活を送っているのでしたら、すぎに仕事のやり方の改善に取り組んでください。そのような業務の進め方では、交感神経を休ませることができていませんので、EDになる可能性が高いですからね。


ちなみに、仕事をついダラダラしてしまい効率良く進めることができていない方にお勧めしたいのが、まずは5Sをしっかりとできるようになることです※。


※整理、整頓、清掃、清潔、しつけの5つの頭文字をとったもの。しつけを抜いて4Sで表現することもあります。


これら5つ行為をしっかりとできるのと、出来ていないのでは業務の効率が全く変わってきます。私も整理、整頓をしっかりと意識してからは、書類やデータを探すことで手間取る時間を削減できたので、スムーズに業務を進められるようになりましたよ。


基本的なことなのですが、意外と出来ていないケースが多いので、本当にできているのかをもう一度振り返ってみてください。そして、少しでも出来ていないことがあれば、すぐに行動を改めて無駄を省いていきましょう。


管理人おがわが使用している増大サプリメントの感想と体験談

メガマックス メガマックス体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ