不規則な睡眠は勃起不全を引き起こす【疲れマラはEDの危険】

健康のためには、運動や食事が大切だということはよく言われており、実際にそれら2つの項目は勃起力を高めるためにも重要な要因となります。有酸素運動は勃起に重要な血流をよくするためには、欠かせない行為ですし、食事で精子の栄養となるものを摂取することも重要です。


そして、上記の2つと同じくらい大切なのが『睡眠』となります。私たちは1日のおよそ3分の1を布団ですごしていますので、睡眠が重要であることは簡単に想像できるはずです。しかし、睡眠と勃起の関係については、疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

ベッドの画像

『疲れマラ※1』という現象があるくらいなので、睡眠不足の方が勃起力がアップしそうを考える方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。疲れマラは、体が無理な状態であることを悲鳴を上げている証拠ですからね。むしろEDの兆候とも言えます。


※1 疲労時に分泌されるカテコールアミンという物質が血管を拡張させることで起きる現象です。この症状が出たときは、体に無理がきている証拠ですので、すぐに休養するようにしてください。


では、なぜ不規則な睡眠が勃起不全を引き起こすのかについて、続いてお伝えさせていただきますね。


成長ホルモンや男性ホルモンは夜に分泌される

人間の体は日の出と共に起きて、太陽が沈むと寝るというのが体に負担をかけない生活スタイルだということは昔からよく言われています。その理由は、私たちが生きていく上で重要となる『成長ホルモン』や『男性ホルモン』が夜寝ている間にしか分泌されないからです。


つまり、深夜までインターネットやゲームをして朝型に寝るという生活を続けていては、それらのホルモンがほとんど分泌されないんですね。不規則な睡眠を続けていれば、知らず知らずのうちに、あなたの男性ホルモンレベルは下がることになります。

夜景の画像

男性ホルモンは硬い勃起と維持のためには欠かすことができないものですから、その数値が下がるということは勃起力も下がるという訳です。


以上の理由から、元気な勃起のためには早寝早起きという規則正しい睡眠はとても重要になります。


ですが、そうは言っても夜勤などがある場合は、睡眠時間の調整は難しいはずです。そのような勤務時間が不規則な場合、22:00から2:00の間に数十分で構いませんので、仮眠をとることを心がけてください。


その時間帯は、ホルモンの分泌が盛んになる時間帯ですので、多少でもその時間に寝ることができればホルモンの分泌に良い影響を与えてくれるはずですよ。ただし、仕事の時間が関係なのに、単純に夜更かしをしているという方はすぐに規則正しい生活に戻すようにしましょう。


夜の早いうちに寝て、朝は太陽をしっかりと浴びて目を覚ますというのは、ED解消につながるというだけでなく、気持ちの良い1日をすごすために良いことですよ。


管理人おがわが使用している増大サプリメントの感想と体験談

メガマックス メガマックス体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ