メタボリックはEDに関係あり【内臓脂肪は要注意】

お腹の脂肪
メタボリックシンドロームが欧米だけでなく、日本国内でも問題になってきており、2008年の4月から企業の健康診断でもメタボ検診がスタートしました。


メタボと聞くと、高血圧、動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病を連想する方が多くいらっしゃると思いますが、実はEDになる可能性もとても高いです。


確かに若い頃は多少体重があって肥満気味の体型だったとしても、カチカチに勃起をしてセックスも問題なく出来ていた方もたくさんいらっしゃるかと思います。たしかに肥満体型の方というのは、標準や痩せ体型の方に比べて食事量は多いです。


そして、栄養のあるものや強壮成分を豊富に含むものを食べていれば、性欲や勃起力が強いということもありえます。実際に、体格の良い力士は夜の方も強いということをよく耳にしますからね。


しかし、それはあくまで10代、20代といった若い頃に限った話です。30代をすぎて40代、50代になってくるとメタボの場合は、EDになる危険性が非常に高くなります。そうなってしまうと、いくら性欲が強くでも勃起力が弱くなり、セックスができない状態になるんですね。


では、なぜメタボの方はEDになりやすいのでしょう?その理由を続いてお伝えさせていただきます。


メタボは内臓脂肪が原因で血管がボロボロになる

カルテを書く医者
メタボリック症候群になると、内臓脂肪の量が増えるため、そこから生み出される活性酸素の量も当然ですが増えることになります。この活性酸素がEDを引き起こす原因となるんですね。


活性酸素は血管や神経を傷つけ、傷ついた血管や神経からは分泌される一酸化窒素(NO)の量が減ります。一酸化窒素の量が減少すると、血管を十分に拡張させることができなくなるため、勃起力も弱まります。


これがメタボがEDを引き起こす原因となります。メタボリック症候群が原因のEDと場合、器質性ED※に分分されるため、治療のためには時間と根気が必要です。


※体の不調が原因のEDことを指します。心が原因の場合は心因性と呼ばれます。


ですから、もしあなたがメタボだとしたら、すぐにダイエットを開始するようにしましょう。ダイエットと言っても難しく考えることはありません。スポーツジムに行かなくても、エクササイズDVDを買わなくてもできますからね。


何から始めてよいかわからない場合、まずウォーキングに取り組むことをお勧めします。運動靴さえあればできますし、ウォーキングは全身を使う有酸素運動ですから、脂肪も燃えやすいですよ。それにお金が必要ありませんし、好きな時間にできるの嬉しい点です。


管理人おがわが使用している増大サプリメントの感想と体験談

メガマックス メガマックス体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ